運営情報

ビジョン


・中国と日本における経済的で文化的な発展に貢献をする。

・中国のIT先進国への可能性。

・今後より一層、ITが重要な世の中になる。

 

チャイナテックメディアの価値観


将来性

中国における経済発展はとても目覚しい。

特にITやITを利用したサービスの発展が目覚しいと感じている。

この成長力を日本に取り組んで、中国の発展と共に日本の発展も同時に達成することが可能だと考える。

 

さらに、ここで考える発展とは経済的な観点からのみではなく、文化的な観点も含める。

そのため、将来的には日本は中国の経済力を取り込み、

中国は日本の文化的な要素を取り込むということが考えられる。

そうすることで、経済的な成長や競争による勝利だけでしか満足できないという価値観から中日共に解放される可能性がある。

そして、経済的な側面だけに捉われず、文化的な豊かさによる価値観が普及していくと考える。

 

また、世界中でグローバル化の弊害が話題になってきているが、

今後、この流れを止めることは困難なことであり、

この流れをどう上手く利用するかを考えることが重要だと考える。

特に日本の場合は、政治的な問題から一時的に中国との関係が悪化することもあるが、

長期的な視点から考えると、今後も様々な交流が増えていくことが予想される。

 

IT分野の発展

中国では様々な理由から経済発展が遅れていたが、ここ数十年で急激な成長を見せている。

特に現段階では、特定の既得権益グループの声よりも、中国では経済発展を求める声が強いために、経済発展のために比較的合理的な選択がとられている。

そのため、IT関連のある分野によっては先進国よりも普及が進んでいる状況が見受けられる。

さらに、普及が進んでいるだけに留まらず、中国独自の発展も遂げているので、

これらの成長過程を参考に自国のIT産業の変遷や方向性などが予想できる可能性がある。

 

情報の重要性

ITの世界に限らず、情報は何よりも重要である。

人の考え方にしても、情報が一つもなければ思考など出来ず、情報を頼りに思考をしている。

また、ある情報の質が悪ければ、おのずと人の考え方にも悪い影響を及ぼす。

そのため、情報には量と共に質も求められる。

 

さらに、現代の世界ではあらゆる情報をIT技術を駆使して

整理、分析、管理することが可能になってきている。

今後は、情報の量や質だけに留まらず、どのように情報を使用していくかが重要になってくる。

他方で、将来的にはさらに、情報の量や質をどのように保護していくかということも重要な観点になるだろう。

 

以上の問題意識からチャイナテックメディアはサービスを提供します。

 

歴史


2017年9月18日に運営開始。