【News】モバイク(mobike)、オフォ(ofo)などのシェアリング自転車は合併に向かっているのか!?

シェアリング

投資家の意見


モバイク(mobike)、オフォ(ofo)などのシェアリング自転車は現在、こう着状態に突入した。市場はますますコントロールしにくくなっている。当時、オフォ(ofo)の投資家であるAllen zhu(朱嘯虎)とPony(馬化騰)は世間の意見などをまだ相手にしていなかった。

その対話についての記事はこちらを参照してください。↓

【News】モバイク(mobike)投資家と言い合いをしたオフォ(ofo)の投資家が前言を覆した

しかし、たった3ヶ月前、Allen zhu(朱嘯虎)は「オフォ(ofo)とモバイク(mobike)は市場の絶対的なシェアを持ったにもかかわらず、毎月依然として大量の資金を投入し運営しており、唯一の方法として二つの企業が合併してようやく利益が得られるだろう。」と口を開いた。そして、「誰が誰を合併するのか」を聞かれた時、Allen zhu(朱嘯虎)は「それは資本から言うと全く重要ではない」と見解を表した。

多くのネット住民がシェアリング自転車は遅かれ早かれ合併する必要があると示している。結局、市場規則は皆こうなのかもしれない、最終的に一つの支配者が現れる。投資家からいえば、誰が誰を買ったかは本当に重要ではなく、重要なのは現金回収が満足にできるかだ。実際、だから現在、合併の話が出てきているのだろう。この短い1、2年の期間の中で、多くの都市で自転車の投入数量制限がある中でさえ、多くのシェアリング自転車に関するものが出てきた。

 

シェアリング自転車企業の紹介


では、シェアリング自転車は現在どこがあるのであろうか?彼ら創業者はいかにこの数百億ものシェアリング市場を動かしているのか?続けて、簡単にシェアリング自転車の企業を紹介したいと思う。

 

モバイク(mobike)

胡瑋煒はモバイク(mobike)の創始者で、浙江大学都市学院ジャーナリズム学科を卒業している。その後、Greek Park(グリークパーク)、Tencent(テンセント)、SAIC motor(上海自動車集団)、The Beijing Newsなどのいつかの企業を渡り歩いた。彼女は当時、シェアリング自転車をやりたいと考えており、エンジェル投資家から資金をもらって始まった。とても早く、彼女は自動車の友達グループからチームを引き抜いて、自分の自転車製造工場を持った。その後、彼女は続けて融資を手にした。2017年1月13日、彼女はさらに総理主催の座談会に参加した。

 

オフォ(ofo)

オフォ(ofo)の創業者である戴威は北京大学の研究生だ。彼は創業を開始した時、シェアリング自転車をするわけではなかった。やったのはカスタマイズしてサイクリングすることができる旅行の事業であった。戴威はかつて「私はサイクリングはある種の世界の様子を理解する方法だと思っている」と言っていた。その後、考え直し、オフォ(ofo)というシェアリング自転車を作り出した。2016年すでに続けて5回に渡る融資を手にしており、2017年3月シリーズDの融資規模は4.5億ドルに到達した、2017年7月6日には、オフォ(ofo)は7億ドルの融資を超えた。

 

Bluegogo(ブルーゴーゴー)

Bluegogo(小蓝单车)連合創業者の李剛はオフォ(ofo)の創業者である戴威と同じ学校の時、すでにサイクリングというスポーツが好きだった。彼はかつて海南島、台湾を渡って、318もの国道をサイクリングし、2013年になって彼は帰国し創業することを選んだ。始めたのはスマホのハードウェア領域だった。2014年の時、SPEEDXを立ち上げ、主にハイエンド型サービスをハイエンドユーザーにプロモーションしていた。2016年11月22日、Bluegogo(小蓝单车)を深圳で発表会を開き、正式に運営を開始した。2017年2月24日、Bluegogo(小蓝单车)は4億元のBシリーズ融資を手に入れたことを発表した。

 

シェアリング自転車が将来合併に向かうのかどうかに関わらず、何事もいい面も悪い面もある、どれも両面性を持っている。だから、私たちはとても気を使う必要はない。シェアリング自転車は確かに私たちにたくさんの便益を与えてくれたし、未来において弊害となるものを取り除いて、シェアリング自転車がさらに発展することを望んでいる。

 

参考資料:他们是摩拜、ofo等创始人撬动万亿市场,共享单车会走向合并?

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*