【NEWS】アリババが運営するスーパー、海外商品を中国消費者にお届け

海外商品を中国消費者にお届け


アリババが運営する、盒马鲜生(スーパーマーケット)で、今回イタリアの大使館と協力して、イタリア美食フィスティバルが行われました。

このイベントを通じて、中国の消費者は、イタリアの食文化を体験でき、気軽に食品を購入することができる。

今までは、国内商品が多く店内に並んでいましたが、今後は、国外の商品のバリエーションを増やしていく予定で、商品力でも優位に立つと思われています。

さらに、伝統的なビジネスモデルでは太刀打ちできないような価格帯での提供が可能になり、スーパーの形態で伝統的なビジネスモデルのものは、淘汰されていく流れは今後さらに加速してくいくことが予想されています。

 

最新IT技術を駆使した、商品の購入方法


消費者は、盒马鲜生(スーパーマーケット)のアプリを利用して、自由に買い物ができる。

今までは、店に行って商品を手に取りレジで購入していたが、IT技術を駆使して、自宅にいながらも自由にスーパーマーケットの商品を購入でき、さらにスーパーマーケットから3キロ圏内であれば、無料で30分以内に自宅にお届けしてくれるサービスが始まりました。

これにより、新鮮な食材を購入できるようになりました。

決済方法は、アプリ内のアリペイ決済のみ対応しています。wechatPAYは非対応になっています。

※wechatPAYとは、wechatが提供している決済システムのことです。

 

 

この記事はチャイナテックメディアが以下の参考資料をもとに翻訳・修正・加筆をしたものです。

http://www.ebrun.com/20171122/256370.shtml?eb=hp_home_lcol_ls6

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*