【News】中国でロボットがサービスを提供してくれるロボットカフェの誕生!

今期の中国深圳国際サイエンスフィルムウィーク(shenzhen (international) science film week)の期間、IngDan(インダン、硬蛋)は正式に正式向外部にAIカフェという概念を公表した。

 

科学技術普及の段階において、IngDanはRethink Roboticsと手を組み、AIカフェという概念を展示した。これはある種の完全なAI管理によるカフェであり、言葉を使ってコミュニケーションができるロボットを通して、サービスをする。カフェでサービスを提供するロボットはRethink Roboticsの研究開発のロボットアームとその他サービスロボットが含まれており、知能を搭載し、カフェ全体のスマートサービスを高度に統一している。

AIの言語識別とコミュニケーションはIngDanの実験室が開発したKシステムによって実現した。

Kシステム一つのオープンな人工知能プラットフォームとして使われ、

そのプラットフォームの言語・画像識別などの機能をスマート機器と共に搭載した。

カフェの中では、ユーザーは言語を使い人工知能との相互コミュニケーションが行える。

ロボットの機能としては、言語で注文をとり、店内の光や音楽などを調整することも含まれている。

特に価値があるとされるのは、Kシステムの下、スマートカフェは中国語の普通語(マンダリン)以外にも、広東語でも対応していることだ。

そのため現地の顧客は広東語を使ってカフェで注文やその他の指示ができる。

 

ちなみに、中国深圳国際サイエンスフィルムウィークは深圳政府と中国科学技術協会が主催している。

そして、科学技術界のオスカーとも呼ばれている。

参考資料:国内首家AI咖啡厅落地深圳 人工智能听得懂广东话

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*