【News】ofo 海外へ投入したシェア自転車の台数が10万台を突破

12月7日、ofoの黄色の自転車が、フランスの首都パリに正式に参入し、全世界で20か国目となった。

ofoは現在海外で50の都市で運営し、シェア自転車の数は10万台を突破しました。又、海外ユーザーのシェア自転車使用累計回数は既に1000万回を突破しています。

 

ofo黄色い自転車の創設者兼CEOの戴威(daiwei)はこう表明している。

「共同で世界の環境改善を実現させるのが我々の重要な目標である。」

「ofoは、シェアの新しいモデルの開放を通じて、既に世界20カ国のユーザーに出かける術を増やし、更には交通渋滞や空気汚染も解決している。」

「ofoは、将来的に20億のユーザーに対して無差別なサービスを提供し、win-winの関係で住民の生活を変えていきたい」

 

ofoは、将来的にパリに数万のシェア自転車を追加し、更に今後はフランスの5大都市にも参入予定だ。

投入する自転車は全て欧州版の型になっており、最新のGPS Bluetoothロックも常備している。これによって正確な位置把握でのサービス提供と、標準化管理と知能運営が実現した。

 

現在会社は全世界で1000万台のシェア自転車を運営しており、毎日の利用回数も3200万回以上のサービスを超えている。ユーザーも2億人を超えている。

ofoがパリに参入した。これが表す意味とは全世界で20か国、250都市でシェア自転車のプラットホームを作り上げたと言う事だ。

 

 

この記事はチャイナテックメディアが以下の参考資料をもとに翻訳・修正・加筆をしたものです。

ofo宣布在海外投放共享单车已经超过10万辆

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*