【NEWS】中国国内で食品、洋服などの関税を再度調整

中国国内で食品、洋服、化粧品などの関税を再度調整

 

近日、中国の国務院関税委員会から消耗品の輸入関税についての
通知が公布されました。

2017年12月1日より一時的に消耗品の関税を下げると発表されました。

今回の対象消耗品は食品、健康補助食品、薬品、日用化学品(シャンプー、リンス等)、日用雑貨品等が対象で、平均関税率を17.3%から7.7%になります。
更に、リップ用品、アイメイク用品、ネイル用品などの税率は5%まで下がり、他の美容品や化粧品も2%になる。それ以外の日用品も次々と税率が下げられており、一番驚きなのは、ベビー用品(ミルク、オムツ)は関税率が0%になります。

今回の減税は、2015年以来の減税で、国が三回連続消耗品の輸入関税を減税しており、平均減税の幅は50%を超えています。

 

 

この記事はチャイナテックメディアが以下の参考資料をもとに翻訳・修正・加筆をしたものです。

国家再次下调生鲜、服装、化妆品进口关税

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*