【News】ジャック・マーが未来のスマート食堂を体験。バーチャル注文、食べたらすぐに立ち去れる。

10月10日の情報によると、

2017年杭州の西湖区雲棲(うんせい)大会Ant FinancialのATEC館内で、

ジャック・マーと浙江省省長の袁家軍は、

「未来のスマート食堂」でバーチャルなオーダーと食事を体験した。

 

 

(参考文献:马云体验未来智能餐厅:隔空点餐,吃完就走

 

「未来のスマート食堂」は、タッチパネルを大きな机の上に装着して、

セルフオーダー、個人に特化したおすすめや食事前のゲームなどの機能を実現した。

 

お客さんは席に座った後、システムが自動で身分を識別し、

タッチパネルに軽く触れるか手の動きを通して、

スマートオーダーのページを開き、注文をすることができる。

これ以外に、システムは消費履歴に基づいて、個人へのおすすめ機能も搭載している。

 

料理を出す時、お客さんはARの効果を見ることができる。

食事が終わった時、お客さんは直接お店を出ることができ、

アリペイアカウントが自動でお会計をしてくれる。

 

このプロジェクトのマネージャーの豊息は、

「今回の展示会を通して、飲食店のみなさんに向けて、

口コミプラットフォームであるセルフオーダー、

自動会計及びこれらの情報技術を普及させたい。」

とコメントをしていた。

 

参考文献:马云体验未来智能餐厅:隔空点餐,吃完就走

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*