【News】珍しいネット販売!?アリババが自動車販売機を計画!

 

アリババはB2Cプラットフォーム上で、

言い換えると、Tmall(天猫)が自動販売機を通した車の販売を発表した。

 

認証済みの消費者は携帯を使い、販売待ちの車を閲覧できる。

これらの車は数段のショールーム内に置かれている。

消費者購入後、選ばれた車は地面まで降下する。

 

マッキンゼーの中国消費者に関しての調査によると、

約三分一の回答者はネット店舗を通して、車を買いたいと答えている。

アメリカのもう一つのコンサルティング会社L2の調査によると、

中国の大部分の自動車バイヤーは自らが望んでいる自動車のタイプをみな鮮明にわかっているので、

さらに早い支払い方式を望んでいる。

Capgeminiコンサルティング会社の調査では、

約77%の中国の回答者は、オンラインで自動車を購入する事は何の問題ものないと見解を示している。

 

マッキンゼーは以下のように言っている。

ここから

中国オンラインショッピング業界のターニングポイントは3年前のアリババがリリースしたダブルイレブン(W11:独身の日)。この日、17万台の自動車がオンラインで取引された。その後、ネット消費のトレンドは始まった。

ここまで

 

毎年11月11日のショッピングデー以外に、

中国オンライン小売の巨頭は自動車のオンライン販売額を向上させるために、

その他のプロモーション活動もしている。

2016年、マセラッティはTmallでたった18秒だけで100台売り上げた。

今年初め、アルファロメオはTmallで33秒以内に350台のGiulia Milanoを売り上げた。

 

実際、自動車販売代理店であるAutobahnは、

シンガポールですでに15階建てのショールームを建設した。

この施設で消費者は車を好きなように選べるものだ。

 

以下の資料を参考に筆者が修正・加筆を加えたものです。

参考資料:网络售卖出奇招 阿里宣布汽车贩售机计划

 

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*