【News】アリババが雄安地区に人工知能の会社を設立?

10月17日、国家工商行政管理総局公式サイトの情報によると、

『アリババ雄安人工知能科技有限会社』、

『国寿鑫根雄安投資基金管理有限会社』はすでに社名獲得の申請をしたとのことだ。

審査プロセスに沿って、審査が通ったあと、ようやく新規登録と言うプロセスに進むことができる。

しかし、今の所、上述した新たな会社が資本登録をしたなどという情報は出ていない。

 

 

(参考文献:阿里巴巴雄安人工智能科技有限公司取得名称预先核准

数日前、アリババは雄安新区に3つの子会社を成立させ、

「「スマート雄安」と言う建設に全面的に参画するつもりだ」と公表した。

 

3つの子会社は

『アリババ人工知能技術有限会社』

『Ant Financial数字有限会社』

『菜鳥(Cainiao)ネット科技有限会社』

に分けられる。

 

3社成立後、アリババは雄安新区において、

人工知能・金融・スマート物流などの方面を協力展開し、

政府と共同で「スマート雄安」を建設する。

 

これ以外には、双方で新技術を研究している。

これらの技術使用し、環境保護への応用分野で「二酸化炭素口座」なるものを試し、

市民の二酸化炭素の排出を抑えようとしている。

 

また、聞くところによると、

Ant Financial数字有限会社、

菜鳥(Cainiao)ネット科技有限会社はそれぞれ、

10月10日、10月11日に登録が成立しているとのことだ。

 

参考文献:阿里巴巴雄安人工智能科技有限公司取得名称预先核准

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*