【News】アリババが第1号スマートガソリンスタンドを建設?所有者タオバオIDを自動識別

現在、生活のスマート化はすでに私たちの生活の中の各領域に浸透してきている。

音を立てずに私たちを変えてきている。

ビッグデータと精確な識別などの技術などにより、

伝統的な業界でもますますスマート化は進んでいる。

 

そんな中、10月3日の情報によると、

10月にジャック・マーは、

杭州に第1号の「アリババスマートガソリンスタンド」を建設するという情報が出てきた。

(参考資料:阿里将建首个智能加油站,自动识别车主淘宝ID

 

予想の範囲を超えないが、このスマートガソリンスタンドは登録後、

ナンバープレート、所有者のタオバオID、ガソリンなどの情報を記録するだろう。

ガソリンスタンドに入った後、搭載している赤外線カメラで認知し、

機械のアームが給油口を開け、そこからアームが自動で給油を完結させる。

 

プロセスは、

給油口を開ける

→給油キャップを回して開ける

→ガソリンを選ぶ

→ガソリンを入れる

→給油キャップを回して占める

→給油口を閉める

などの一連の操作をする。

 

(参考資料:阿里将建首个智能加油站,自动识别车主淘宝ID

(参考資料:阿里将建首个智能加油站,自动识别车主淘宝ID

 

上の写真はアリババが公表しているスマートガソリンスタンドの1.0バージョンである。

しかし、将来的には機能がさらに追加され、2.0バージョンは2018年に実現するだろう。

2.0バージョンはナンバープレート、所有者、ガソリンを自動で識別し、

場所を離れれば自動で決済をし、

ガソリンを入れて立ち去るまでのプロセスは完全に自動化される。

 

さらに、スマートガソリンスタンドは車生活周りのさらなる周辺サービスを発展させるだろう。

車の所有者にとっては「アリババスマートガソリンスタンド」は

ガソリンの給油体験を根底から覆すものだ。

将来、ガソリンを入れ間違えたり、

現金がなくて給油できないと言った問題は解消されるだろう。

 

参考資料:阿里将建首个智能加油站,自动识别车主淘宝ID

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*