【News】アリババが無人スーパーのベールをはがした??

スーパーで長蛇の列に並ぶことはもうすぐで無くなる???

去年アマゾンは無人スーパー「Amazon GO」世界を驚かせた。

しかし現在は、アリババの無人店舗である「アリババコーヒー」もまた公に姿を見ている。

 

それよりも以前、

2017年7月8日–12日に90年生まれ向けのイベントである「造物記念日」が杭州で開催された。

そして、アリババは無人スーパーの店舗を展示した。

 

「Amazon GO」と同じく、

「タオバオコーヒー」もまたスマホやお金が不要で会計ができるスーパーであり、

200平方メートルの面積があり、

50人もの人が同時に買い物ができるようになっている。

 

(参考資料:阿里淘宝造物节上,无人超市“淘咖啡”首次揭开面纱

実際のプロセスの中では、

入る時のゲートへのスキャンが必要なだけで、

ユーザーは通常通りの買い物のように自由に店内の商品を選ぶことができる。

 

会計のプロセスでは、

スイングドアで組み立てられた「支払いゲート」が以前の支払いのカウンターの代わりになっている。

「支払いゲート」を通すだけで、ユーザーの商品は自動で会計し、残高から差し引かれる。

 

技術責任者のANT Financial技術実験室高級技術専門家の曽暁東が紹介するに、

この技術方式はコンピューターの視覚とセンサー反応によって、

モノを識別し、判断ミスの確率を下げているとのことだ。

 

このように、商品を袋に入れる。

もしくは、多くの人によって混んでいる中、

商品を選ぶという状況でも、

このシステムはあらゆる状況下で正確に識別し会計をすることができる。

 

さらに、このシステムの前では、

ユーザーの行動はみなシステムのデータとして蓄積されていく。

あるアルゴリズムにしたがって整理された後、

このシステムは実店舗の社長に自分の店舗の状況、

及びユーザーを理解させるだろう。

 

例えば、ユーザーがスーパーで買い物をしているとき最も好んで歩くルート、

もしくは、ユーザーがどの棚の前で止まる時間が最も長いのか?などだ。

 

つまり、

無人スーパーの後ろの技術はスーパーの運営効率、運営コストを改善し、

スーパーのスマート化をさらに進め、

運営者にとって人の行動をさらに理解させるものになるだろう。

 

参考資料:阿里淘宝造物节上,无人超市“淘咖啡”首次揭开面纱

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*