【News】アリババがヨーロッパのオープンソースデータベースの会社に2700万ドルを投資!

最近、

アリババはオープンソースデータベースのスタートアップ会社、

MariaDBへ2700万ドルの資金を投入した。

これはアリババの投資では初めての欧米系のスタートアップだ。

(参考資料:由阿里领投,欧洲开源数据库初创公司MariaDB获2700万美元融资

 

聞くところによると、

MariaDBはヨーロッパでもっとも流行っているオープンソースデータベースサーバーを提供している会社の一つだ。

 

この会社はかつてデータベース管理システム会社のMySQLの下部組織だった。

MySQLに取って代わる代替品としてもっとも受け入れられており、評判も高い。

 

前身がSkySQLとしているので、MariaDBは業界の中で、アリババの視線を釘付けにした。

この会社はスイスとアメリカに事務所を設立しており、

グローバル規模でデータベースを約1200万ものユーザーに提供している。

その中には、Booking.com、HP、Virgin Mobileとウィキペディアが含まれている。

この会社のソリューションは民間や公共部門共に提供されいている。

 

交渉情報によると、

電子商取引の巨頭アリババはすでにMariaDBへの投資2290万ユーロ(約2700万ドル)に同意している。現在、この取引は完了しておらず、

MariaDBの株主の同意を得たあとで、取引が完了となる。

この投資はアリババがリードインベスターとして、

投資資金約2000万ユーロとし、余剰資金からこの投資をしている。

そして、この取引はMariaDBの企業価値を3億ユーロ(3.54億ドル)に引き上げた。

 

将来的に、

私たちはアリババクラウドのトッププログラマーである馮玉が加入したMariaDBによる、

新興市場への上場を見ることができるだろう。

 

ちなみに、この投資よりも前の5月に、

アリババはユーロッパ銀行から2500万ユーロ(約2700万ドル)を資金調達を実施している。

 

参考資料:由阿里领投,欧洲开源数据库初创公司MariaDB获2700万美元融资

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*