【News】ネット巨大企業の東南アジアの狙い撃ち、アリババが一歩リード

10月23日の情報によると、

アリババ、グーグル、アマゾンなどの世界のネット巨大企業は東南アジアをみんなで争っている。

 

このブルーオーシャン上の激戦は非常に激しいものだ。

最近、イギリスのファイナンシャルタイムズ、

アメリカのニューヨークタイムスなどの報道機関は

中国と欧米科学技術の巨大企業は東南アジアで投資をしており、

シェアの奪い合いをしている。

 

アリババはこの激戦地区で他よりも先に機会を生かしている。

アリババは東南アジアでの電子商取引サービスの質を向上させているのだ。

10月22日のアメリカのニューヨークタイムスは

アリババとアマゾンが東南アジアで電子商取引の領域で競争しており、

「この電子商取引の潜在的な巨大市場でアリババはアマゾンに勝った事がある。」と報道していた。

 

去年、アリババホールディングスの東南アジア電子商取引の巨大企業Lazadaは

シンガポールのオンラインスーパーRedMartを買収した。

今回の買収はRedMartに変化をもたらしている。

 

ある文章によると、シンガポール人のネット購入は増えており、

アリババが参入してくる前は、

ネット購入体験はいいとは言えなかった。

 

蛍光灯のあかりの下、

緑色のチョッキを着た作業員は気をつけながら果物や牛乳とその他の品物を梱包し、

車でシンガポール人に届けている。

 

アリババによってRedMartのサービスの質が高くなり、

シンガポールでネット購買行動が盛んになることだろう。

 

(参考資料:http://news.sina.com.cn/o/2017-10-23/doc-ifymzksi1186888.shtml)

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*