【News】アリババの収入は551.22億元(82.85億ドル)を突破

北京時間11月2日の夜、アリババグループは2018年会計年度第二四半期(2017年7月1日-9月30日)の業績を発表した。

アリババの収入は551.22億元(82.85億ドル)で前年比61%の増加であった。

メインである電子商取引ビジネスの収入は464.62億元(69.83億ドル)で前年比63%の増加であった。

 

 

アリババ(NYSE:BABA)は2017年9月30日までの2018年会計年度第二四半期の業績を発表した。

アリババ第二四半期の営業収入は551.22億元(82.85億ドル)で前年比61%の増加であった。

純利益は174.08億元(26.16億ドル)で前年比146%の増加であった。

米国会計基準に基づかない計算(Non-GAAP)によると純利益は220.89億元(32.2億ドル)で前年比71%の増加であった。

 

 

第19回総会の開会式の報告の中で、

習近平総書記は何度も貧困から脱出することの難しさと重要さを強調した。

“貧困との戦いに絶対に勝たなければならない。

”過去五年の中で商取引ビジネスは中国の貧困を減らしてくれ、その初期成果が現れてきた。

 

 

北京中長石基情報技術有限会社は

主に大規模小売情報システム事業に従事する子会社の持分を

子会社Shiji Retail Information Technology Co.Ltd.に統合し、

アリババの戦略的投資を導入する予定である。

アリババグループの子会社Alibaba Investment Limitedは

既に北京中長石基情報技術有限会社とフレームワーク契約を行い、

Shiji Retail Information Technology Co.Ltd.の再編後その38%の株式を取得し、戦略的投資家になる。

 

これはアリババが新しい小売インフラを構築し、

能力開化や権限付与のために深い基盤を構築することを示している。

 

以下の記事を参照し、加筆・修正を加えたものです。

阿里巴巴2017年7月收入达人民币551.22亿元

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*