【News】中国のクラウド市場は継続的に成長。アリクラウドは市場の約半分のシェアを持つ。

中国のクラウド市場。

今日のご紹介です。アリクラウドの中国市場シェアが47.6%に達しました。

その他のサービスは、テンセント9.6% kingsoft6.5%チャイナテレコム 6%ucloud5.5%

となっています。

 

この点アリババのクラウドサービスがダントツでシェアを広げているのが伺えます。

ちなみに市場規模は2017年上半期の時点で10億ドルです。

収益はアリクラウドが5億ドル、テンセントが1億ドル、kingsoft7000万ドル程度です。

さらに、世界に目を向けると、

世界市場のシェアは、

アマゾンのAWS、マイクロソフトのazure、アリクラウドの順になっています。

 

それぞれ45.7%,61%,126%の成長率です。

 

去年、ヨーロッパ、オーストラリア、中東、日本の4カ所にデータセンターを設置し、

国際展開をしている。

 

【見解】

以上のニュースから考えるに、

アメリカのサービスに唯一対抗し得る存在が中国のサービスだと言う事が分かると思います。

 

対して日本にこのようなサービスが存在する余地はないのが現状です。

日本では様々な外国のサービスが幅を利かせて、

日本の根幹となるネットサービスの多くが外国のサービスです。

 

しかし、中国はファイアーウォールという保護政策のおかげで、

ネット産業は中国独自の発展を遂げています。

将来のネット産業の重要性に気づいて、

国家が即座に保護をする。

 

道徳的とかいう観点を抜きにしたら、

国家としては日本よりもビジョナリーですし、

国家として正しい行為だと思います。

 

国家というビジネス環境は選択しにくいですが、

中国のネット産業がここまで成長できたのは、

国家政策が強く影響していると考えています。

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*