【News】2016年中国IT企業営業収入ランキング

proif ranking

中国IT企業営業収入ランキング


ITリバース・イノベーション2.0の新業態の‘IT+‘などの世界的な促進活動が増えたこともあり、更に発展が大きくなると期待されているIT分野。

その中でも、中国のITの新業態は世界に大きな影響を及ぼすと言われている。

その規模、社数、活性程度など、ここ数年の変化を見れば世界のIT業界の先駆けとなる存在だといえる。

 

今回のランキングはIT企業が対象であり、2016年のIT企業の営業収入の規模から統計及び分析された。

 

2016年IT企業収入規模ランキング第一位はジンドン(中国語:京东)であった。2016年収入規模は2602億元で年増加率は43.5%。

二位はテンセント(中国語:テンセント)で収入規模は1519.4億元で年増加率は47.4%。

アリババは(中国語:阿里巴巴)1438.8億元で三位となった。

四位のバイドゥ(中国語:百度)は705.5億元、五位のVipShop(中国語:唯品会)は565.9億元の収入規模となった。

現在アプリケーションは生活に浸透していて、今後も更に産業規模が拡大し続け、新しい産業価値を放出していくことになる。

 

*リバース・イノベーション2.0  先進国のグローバル企業が新興企業のビジネスモデルを採用するといった新たな経済活動の動きである。

 

 

IT企業ランキング

 

 

中国IT企業ランキング

注釈

1 IT企業とITサービスを対象:このランキングはIT業界に焦点を当てており、IT企業収入とITサービスの収入が10%以上占めるIT関連のサービスをしている収入である。

2 営業収入の基準:このランキングの統計は各企業の営業収入がメインとなっており、GMV(エンドユーザーへの売上)とは違う。下記企業は営業収益が14億を超える企業があったとしても、データが明確ではないため今回ランクインはしていない。

3 ユーザーを相手にした企業が基準:BtoBの企業は今回含まない。

4 企業やグループ企業の営業収入がメイン:このランキングの統計はグループ総収入かグループ傘下の独立企業をメインとする。

5 自然年が基準:2016年営業収入は自然年を基に統計したものである。自然年とは2016年1月1日~12月31日までの範囲である。

6 収入は人民元で統一:アメリカドルを2016年12月31日に換算したものである。(レート6.9370)

7 ランクインの企業:既に上場している企業だけが対象である。上場予定や降格した企業は含まれない。また各企業の営業収入で割引した際の差し引きや、セールス税や付加価の値税などはここでは含まれていない。

8 企業名の補足:今回ランクインされず2016年の営業収入が14億元を超えている企業があった場合は、早急に情報を収集して正確なランキングに変更にする。

9別途企業情報:a新小売り-2016年アリババのECサービスは全体でGMV3.55兆元、ジンドンはGMV6582兆元   bメディア-一下科技(yi xia)は2016年6月からサービスを始めた。芒果TVは(快乐阳光)がメインで運営していたが、2017年9月にHappigo(中国語:快乐购)に84.13%の株式で買収された。   c金融-宜人貸(yi ren dai)は宜心集団(yi xin ji tuan)とオンラインでPtoP(インタ^ネットで直接情報を交換する)サービスを提供している。

 

 

 

 

企業分布中国IT市場

中国国民の人口一人当たりの収入は徐々に増加しているが、人々は食や衣などの、

生活に最低限必要な消費の割合が低下している。

そして、人々の消費は生存型消費から発展型消費に転換し始めていて、

人件コストがメインとなる教育や文化、娯楽などの新しい消費構造が形成されてきた。

2016年IT企業営業収入ランキングで文化娯楽領域の企業数を見れば一目瞭然のはずだ。

その領域に関連する企業は三分の一を超えている。

この要因以外に、消費の形態が変わった背景には、人々は消費の概念と習慣の変化に伴い、

新小売り、新金融や交通情報などの分野も比較的大きな発展となるとみてよいだろう。

 

 

 

市場の状態中国IT企業上場様子

このランキングの中で、まだ上場していない企業と上場企業とでの営業収入の規模の差は明確だ。

上場企業の中で国内に収入源があり国外で上場している企業が半以上存在していて、

図から分かるように、

ナスダックとニューヨーク株式取引所は中国IT企業を過度に受け入れる傾向がある。

さらに、深圳と上海市場に上場している企業は1/3以上になる。

 

 

 

ランキング上位企業中国IT企業ランキング上位

今回のランキングの全体営業収入は14億元に到達し、成長増加率は平均100%を超えている。

2016年収入が1000億元を超えたIT企業はジンドン、アリババ、テンセントである。

ジンドンの2016年営業収益は2602億元であり、

自営業務と下降していたルートを増強したことにより利益を上げている。

テンセントは、QQなどのソーシャルメディアのプラットホームで

巨大なデータローミングと何年もの多様なデータがあり、

2016年営業収入は1519.4億元に到達した。

ECサービスやクラウドコンピューターサービスなど様々な分野に進出している

アリババの2016年営業収入は1438.8億元で、

一層その商業生態のスケールメリットを証明した。

2016年収入で100億元を超えたIT企業の中で、

増加率が高い企業トップ5ランキングではiQiYi(中国語:爱奇艺)、

Ctrip(中国語:携程)、NET EASE(中国語:网易)、途牛(Tuniu)とアリババがランクインし、

これらの企業はPC版の長年の優勢動向とモバイル版で広範囲の広告等でほとんどの成長加速度はそれぞれ50%を超えた。

 

 

 

この記事はチャイナテックメディアが以下の参考資料をもとに、翻訳・修正・加筆をしたものです。

艾瑞发布:2016年中国互联网企业收入TOP100榜单重磅出炉!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*