【News】チャイナユニコム(中国聯通)がビッグデータの会社を設立

9月25日午前の情報で、今日の午前、チャイナユニコムがビッグデータの会社を北京に設立した。さらに、チャイナユニコムのビッグデータの基本的な使用、標準アプリケーションとプラットフォーム級の業界への解決策の3つの方面で製品を運営する。

紹介によると、チャイナユニコムのビッグデータ会社は対外的な運営主体への集中とビッグデータ産業を開拓する合資合弁プラットフォームと位置付ける。今後、チャイナユニコムビッグデータ会社とチャイナユニコム再編に参画する戦略的な投資家で資源を補完、業務提携、市場発展の方面で探りながらさらに連携を広げていくだろう。

具体的な製品の方面として、チャイナユニコムビッグデータ会社は行政ビッグデータ、観光ビッグデータ、リスク管理プラットフォーム、指数の動き、デジタルマーケティング、移動データなどの8大製品を含んだサービスをリリースする。その中で、行政ビッグデータはデータの共有、取引、政府管理などを含んだ総合的なデータサービスを提供する。さらに、観光ビッグデータはモニタリングも含んでいる。

これ以外には、チャイナユニコムと中国銀聯(ぎんれん)が戦略協力協議を締結した。双方が長期的で安定的な協力パートナーの関係を確立することを決めた。データ資源、技術能力、製品研究開発などの方面で全方位的な協力を展開する。

少し前、チャイナユニコムは再編を完結させている。公表によると、チャイナライフ(China Life)、テンセント、バイドゥ、ジンドン、アリババなどの14の企業が今回の再編投資に参画した。

 

参考資料:中国联通大数据公司成立,将与混改投资方资源互补

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*