【News】中国のスターバックスが中国国内2800店舗でアリペイ決済を導入

先にある中国人のエピソードの紹介をする、「みんなが同じような経験をしたことがあるかわからないが、以前はスターバックスに行ってコーヒーをアリペイを使って買おうとしたところ、スタッフの人に拒否されたことがある。気まずく銀行カードかウィーチャットに変えて、外出で現金を持ち歩かない世代がまるでアリペイを支持しないような状態だったが、ようやく良いニュースが出た」という内容ものだ。

 

というのも、IThomeの9月25日情報によると、今日の午前、アリペイの公式ウェイボーは中国大陸の2800店舗のスターバックスで正式にアリペイの支払いを導入することを発表した。そして、今日からアリペイ支払いを行うことができる。

このほか、マカオ地区、マレーシア、日本の成田・関西・沖縄飛行場の店舗でも使用可能になった。同時に、10月15日までに、中国大陸側のスターバックスの店舗でアリペイを使うと、50元の購入で、5元の割引券がもらえるキャンペーンをしている。

このような導入でコーヒーの購入は非常に便利になった。実際、アリペイの導入が遅れたことをよくよく考えてみれば、スターバックスのような何千ものチェーン店において、決済システムや会員管理システムを導入するのは非常に複雑なことであり、特に新しい支払いシステムはこのような導入において、さらに難しかっただろう。

 

参考資料:星巴克也能用支付宝了,国内门店2800家正式接入

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*