【News】2017年度上半期中国APPストア分野別ランキングースポーツ系アプリ編

スポーツ系アプリランキング

スポーツのニュースや動画が読めたり、見たりできます。

1位:Zhibo8(中国語:直播吧)

2007年にリリースされた。元々、Zhibo8はスポーツの番組を作っていないし、ネットのテレビ放送もしていなかった。しかし、現在は、Zhibo8はネットユーザーのニーズを満たすために、sopcast・Tvants・UUSee・TVU・PPlive・PPstreamなどのネットテレビサイトのスポーツライブを集めてネットで放送をしている。Zhibo8は第三者型のストリーミングメディアである。

 

2位:Sinaスポーツ(中国語:新浪体育)

SinaスポーツはSina.Com Technology (China) Co.Ltd.が開発したソフトウェアである。2014年にリリースした。ライブ配信の対象はワールドカップ・NBA・ヨーロッパチャンピオンズリーグ・アジアチャンピオンズリーグ・プレミアリーグなどをカバーしている。

 

3位:テンセントスポーツ(中国語:腾讯体育)

テンセントがスポーツ放送をターゲットに開発したアプリの一つで、ユーザーにはサッカー・バスケットボール・テニス・ゴルフなどの試合をライブ配信する。

 

4位:LeSportsスポーツ(中国語:乐视体育)

LeSportsスポーツは2012年8月にリリースされた。ユーザーにはサッカー・バスケットボール・テニス・ゴルフなどの試合をライブ配信する。2014年LeSportsスポーツの会社は本格的にネット放送に取り組んだ。

5位:Hupuスポーツ(中国語:虎扑体育)

Hupuスポーツは2004年にできたもので、スポーツ専門のマーケティング会社である。Hupuスポーツは参加に中国スポーツサイトを持っており、10年の成長と蓄積によってスポーツマーケティングのノウハウとブランドを確立した。166の都市で164843ものバスケットボールの試合を組織し、国民の健康維持事業の成長を推し進めている。

6位:PPTV(中国語:聚力体育)

PPTVはスポーツ専門のアプリである。中国国内のスポーツ試合配信おいて、先導的な立場にあり、10年に及ぶスポーツ配信の経験を生かして、運営をしている。

 

7位:Dongqiudi(中国語:懂球帝)

Dongqiudiは全世界のサッカーニュース・内容のある報道・サッカーSNSのアプリを提供している。基本的にサッカーファンを対象に向けたサービスであり、引退もしくは現役のプロサッカー選手を使って、コーチングや解説や記者などとしている。

 

8位:CCTV

中国中央テレビ局は中国人民共和国のテレビ局であり、国家級の事業である。1958年5月1日に誕生し、中国のニュースや思想文化、社会教育、娯楽などの多くのサービスを提供している。2006年に世界ブランドランキングベスト500(中国語:世界品牌500强)にランクインして、4位となった。さらに2016年に中国でもっとも価値のあるブランドランキング(中国語:中国500最具价值品牌)において第8位となった。

9位:Qiushenスポーツスコア(中国語:球深体育比分)

QiushenスポーツスコアとはQiushenネットが押し出したサッカー・バスケ・テニスのスコアを携帯で確認できるもので、世界のサッカーの試合のスコアを即時的に表示する。また、分析、確立、資料、コメントなどの内容も含まれている。

 

10位:Baofengスポーツ(中国語:暴风体育)

BaofengスポーツはBaofeng集団が投資したモバイルネットに向けたスポーツプラットフォームである。内容にはビジネスやスポーツなどがあり、Baofengスポーツは著作権・技術・コンテンツとVRアプリ領域において競争力を持っている。Baofengスポーツは先進的な技術を取り入れ、高品質なサービスを提供することを目指している。

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*