【News】アリババ傘下の旅行会社がオンライン型へのシフトを示唆

Alibaba group(中国語:阿里巴巴)の子会社であるFliggy(中国語:飞猪)は

国外旅行のための新しい戦略を発表した。

 

Fliggy責任者の李少華 Li shao hua (以下 李)は、

「店舗型旅行会社がセールスする時代は終結した。

これからは、オンライン型が主流となる。

旅行のコンテンツこそがユーザーと商品をつなげる重要な手段になっている。

Fliggyは”目的地”というキーワードを基にコンテンツに重点を置き、

プラットフォーム企業とともに全メディアや全チャンネル、

全データを基に協力してセールスしていき、海外旅行の新サービスを生み出していく。」

と述べた。

 

11月10日にFliggyが開示した取引数のデータによると、

国外旅行客110万人、ビザ代行15万件、国際線フライト35万便、

高級ホテル50万泊、五つ星ホテルビュッフェ10万件であった。

 

 

Alibabaの副社長と李は合同会議で、

目的地やコンテンツ化にフォーカスを当てるといった戦略を共有した。

また、旅行消費は本質的にはコンテンツの消費と同じといっても過言ではなく、

消費者がコンテンツへの期待度、満足度によって消費に繋がっているとのことだ。

 

そして、李は3項目の戦略を紹介した。

既に形成されている周囲の知識人との関係性を強化し、

プラットフォームの優位なコンテンツ作成に協力していくこと、

協力してプラットフォームのグレードアップを図り、共有し重要な内容をアウトプットすること。

3つ目は、システムを確立し、プラットフォームのユーザー同士が

画像や生成した動画コンテンツで影響し合う空間を形成することである。

 

今年のダブル11(中国語:天猫双十一 *ティーモール Tmallが主催する中国最大のショッピングイベント)

だけで、Fliggyのコンテンツは15億回拡散され、3800万回のUV相互作用を起こした。

 

 

 

この記事はチャイナテックメディアが以下の参考資料をもとに、翻訳・修正・加筆をしたものです。

飞猪总裁李少华:货架式卖旅游商品的时代已经结束

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*